オーダーメイド・ハネムーン

新型コロナウィルスの影響で、ハネムーンや海外ウェディングのキャンセル対応に関して。

新型コロナウィルスの影響で、当店のお客様も多くのたかが影響を受けています。

コロナウィルスで旅行のキャンセル(ハネムーン、海外ウェディング)

まずは、当店のお客様で最も多いハワイに関して。
すべての入国者に対して、14日間の隔離強制が発表されました。実質、観光客の皆様はハワイに行けなくなりました。(3/21現在)

それにより、大変多くの方が、ご予定変更やキャンセルを余儀なくされています。

ご旅行の対応について

フライト

まずは、日本航空の場合。特例ですべての料金区分に対して、払い戻し手数料が無料となっています、ご安心ください。 (4月30日までのご旅行分) デルタ航空は、変更手数料の無料化措置を取っています。

ホテルやオプションツアー

すべて通常キャンセルポリシー通りの規定となります。交渉は個別対応となります。

ウェディング挙式やフォト

現在ハワイでは、ビーチや公園が閉鎖されているため、ロケフォトなどは催行不可となっています。
ウェディング関連の手配品は、現地催行会社の対応がまちまちです。ただ、延期や無償キャンセル対応を取っている会社もある様子です。

ハワイ
●3月21日午後,イゲ知事は記者会見を行い,ハワイ州外からの渡航者(ハワイ州居住者を含む)に対し,14日間の自己検疫を義務づけることを発表しました。
1 居住者は自宅,訪問者はホテル等の滞在場所で自己検疫を行うことが求められ,違反者は5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固若しくはその両方が科せられます。
2 この命令は現地時間の3月26日(木)から施行され,現時点では期限は定められていません。
(自己検疫命令のポイント)
・州外からハワイの空港に到着した方は,農産品・動物申告書に自己申告した自己検疫場所(居住者の場合は自宅,訪問者の場合はホテルの部屋もしくは貸別荘)に直行すること。
・14日間もしくは滞在期間がそれ以下の場合はその期間,指定された自己検疫場所にとどまること。また,緊急に治療を要する場合を除き,指定された自己検疫場所を離れないこと。
・プール,ミーティングルーム,フィットネスセンター,レストラン及びその他のいかなる公共スペースにも行かないこと。
・医師、看護士、もしくはハワイ緊急管理庁長官により許可された特定の者を除き,如何なる者も指定された自己検疫場所に入れないこと。
・当該ホテルもしくは貸別荘が定める自己検疫にかかる規則等を遵守すること。

在ホノルル日本国総領事館 WEBページ

上記は、14日間隔離ではありますが、渡航を完全に停止しているわけではないため、『旅行変更費用担保特約』は非適応となります。現地のホテルや、オプションツアーなどのキャンセルポリシーも、通常規定通りとなります。 ですが観光地のハワイ、対応も柔軟にしているところもありますので、交渉ベースになりますが、当店としても最大限お客様に不利にならないような、キャンセル交渉を進めています。

今後どうしようか・・・?のご相談について。

まずは、現在のご契約内容をしっかりと再認識頂いて、手配会社にご相談をしてください。多くの旅行会社、催行会社はお客様ファーストで対応してくれるはずです!

今後のご旅行や、ウェディングに関しては、少し時期を決めるには、現在難しい難しい状況かと思います。
ただ、この状況がいつまでも続くことはあってはいけないですし、無いかと思います。

時期が定めにくい状況下で、当店では、柔軟性を持たせた、新たなご旅行や、海外ウェディングの再プランニングを行っています。他社でご旅行をご計画だった方も、ぜひご相談ください。

新規ご旅行の計画、海外ウェディング

  • 候補の時期をお伝えください。(2021年も可能)
  • 状況が鎮火しなかった場合に備えての、新規契約内容を作成いたします。
  • 万が一状況が鎮火しなかった場合は、無償延期対応をご案内致します。
  • 万が一状況が鎮火しなかった場合には、代替え商品への置き換えをご案内致します。(海外ウェディング→国内ウェディングに転化など)


3月~4月にご予定のカップル様、新型コロナウィルスの為に、ご予定変更を余儀なくされ、随分ガッカリとされていらっしゃるのではないでしょうか??

少しでも元気を出して頂くために、ぜひ当店にご相談ください。

※状況は日々変化しています。最新の情報は、外務省や航空会社などの公式ホームページをご確認ください。

下記は、オーストラリアとセブ島(フィリピン)の対応です。

オーストラリア
3月20日21時から豪州人,豪州在住者及びその家族を除き,全ての人の入国を禁止する(トランジットも不可)。

外務省渡航情報WEBページより

フィリピン
3月22日より当面の間,全ての在外公館における新規査証発給を停止する。また,日本を含む査証免除対象国からの入国を停止する。発給済みの査証は,3月19日時点でフィリピン国内に滞在している者と駐在外交官の分を除き,無効となる。(ただし,フィリピン人の外国人配偶者・子弟,外国人永住者及び船舶・航空機の乗務員は除く。)

外務省渡航情報WEBページより

キーワードをお選び下さい

-オーダーメイド・ハネムーン
-,

Copyright© ウェディングドレス MuskatDue & トラベルMuskat , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.